認定看護師のご紹介

タイトル

当院には、さまざまな領域で活躍する専門・認定看護師が在籍。
自分が必要とする知識や技術を身につけ、患者さんに必要とされる看護力を発揮できる喜びを実感してください。

救急看護
認定看護師

救急看護認定看護師

質の高い救急看護を
チームで実践

赤石 奈々

救急看護認定看護師の役割は、救急看護の場面において、状況を迅速かつ的確に判断し、病態を理解したうえで、実在および予測される問題に臨機応変に対応できる卓越した看護実践を行うことにあります。急変を予測し、未然に防ぐ看護実践が行える看護師の看護実践能力の向上や体制づくり・チームづくりに取り組みたいと考えています。

訪問看護
認定看護師

訪問看護認定看護師

利用者さんの安心・安全な
在宅生活を支える

藤原 優子

訪問看護認定看護師は、利用者さんの在宅生活を支えると共に、入院されている患者さんの在宅療養移行支援においてケースマネジメントを行う役割を担っています。現場では利用者さんの状態に応じて幅広い看護が求められるため、スタッフへの指導を行う認定看護師の役割は重要です。今後も医療と生活の場をつなぐために、利用者さんとご家族の目線に立った訪問看護を実践していきたいと思います。

皮膚・排泄ケア
認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師

具体的なケア情報と
予防策を提供することが大切

岩本 房子

皮膚・排泄ケア認定看護師の活動は、褥瘡などの創傷管理、ストーマや失禁などによる合併症・皮膚障害などの排泄管理、患者さんのセルフケア支援などが挙げられます。また、患者さんやご家族、医療従事者に対して相談・指導を行うことも大切な活動です。看護を展開する際は、多職種との連携と、認定看護師だからこそできる具体的なケア情報と予防策の提供を心がけています。

皮膚・排泄ケア
認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師

スキンケアで療養生活を
サポートします

吉野 洋子

栄養は治療の源と言われています。栄養状態の維持・改善の援助を通して、褥瘡の予防・創傷の治癒促進・ストーマ周囲の皮膚障害の対応・排泄管理や失禁による皮膚障害などの皮膚のケアについてスタッフと共にケアの方法について考え、よりよい看護を提供します。退院後も多職種で協働し、地域と連携しながら在宅療養中の方が安心して生活できるように専門的知識と技術を用いて支援していきます。

手術看護
認定看護師

手術看護認定看護師

意志決定から早期回復に向けて
サポートします

衣川 真智子

在院日数の短縮化や高齢者や多くの合併症を持つ患者さんが増加する中で、安心安全に手術を受けることができるよう総合的に判断し看護実践に繋げる活動を行っています。手術前から手術後のプロセスにおいて、十分患者さんが理解でき安心できるよう意志決定の支援者になることも役割であると考えています。そのため術前、術中、術後の周術期看護として捉え、そのすべての段階に一貫性のある看護を目指して他職種と連携し、患者さんの早期回復に向けた支援に取り組んでいきます。

感染管理
認定看護師

感染管理認定看護師

患者さん・ご家族・スタッフ・
地域の人々を感染源から守る

澄田 亜弥

医療関連施設を利用する患者さん・ご家族はもちろん、現場で働くスタッフを感染源から守ることが感染管理認定看護師の役割であります。院内の感染のリスクを低減するために、ICT(感染制御チーム)の多職種のメンバーと協働して活動を行っています。主な活動は、感染症発生時の対策指導、マニュアル作成、感染症発生状況の把握、職員教育、相談、感染管理システムの構築があり、これらの業務を実践的に行うことが求められています。また、地域の医療機関や行政機関との連携も重要な役割です。

がん性疼痛看護
認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師

がん患者さんの痛みゼロを目指して
さまざまな痛みに関心を寄せる

長瀬 わかな

がんによる痛みのある患者さんの状態を総合的に判断し、個別的なケアを実践します。また、痛みのサインを早期にキャッチしてケアに繋ぐことを心がけ、患者さんとご家族のセルフケア支援をおこない、安心して痛みの治療ができるようサポートします。緩和ケアチームにおいては、がん患者さんの苦痛緩和と院内全体の緩和ケアの質向上を目指して活動しています。

乳がん看護
認定看護師

乳がん看護認定看護師

乳がんの早期発見のため
地域の啓発活動を展開

植木 佳代子

乳がん患者さんは、社会生活を送りながら治療を受けていくため、さまざまな調整が必要になります。患者さんやご家族へのより質の高い看護を提供するためには、専門的な知識と技術が必要と感じて認定看護師となりました。現在は、ブレストケアチームの構成メンバーと共に、院内外に向けて乳がんの早期発見を目的とした啓発活動を展開しています。また、緩和ケアチームの一員として、診断時からの緩和ケアが実施できるように取り組んでいます。

認知症看護
認定看護師

認知症看護認定看護師

患者さんの笑顔を大切に

中村 薫

入院された患者さんが、その人らしく生活できることを目的として多職種による認知症ケアチームによる活動を行っています。チーム活動の中で、患者さんが住み慣れた地域で生活できるケアサービスを推進し、多職種および看護師間の調整や協働を行っています。認知症看護認定看護師として全ての支援者と一緒に、患者さんが笑顔でいられるケアを行えるようになることを大切にしています。

緩和ケア
認定看護師

緩和ケア認定看護師

がん患者さんの思いを受け止め
価値観を尊重したケアを実践

小浜 真利子

緩和ケアを必要とする患者さんを全人的に理解し、その人らしい日常生活を送ることができるように支援します。そして、専門的なコミュニケーションスキルを用いて、がん患者さんとご家族の思いを受け止め、価値観を尊重したケアを実践します。緩和ケアチームの一員として、院内の緩和ケアを必要としている患者さんが、どこにいても質の高い緩和ケアを受けることができるよう活動しています。

   

資格取得認定制度

当院看護部は、専門・認定看護師の資格取得を積極的に支援。
希望者は、当院の籍を置きながら研修に参加することができます。さらに受験準備の支援や、状況に応じた金銭的な支援も行います。